院長は昭和60年順天堂大学卒業後、膠原病内科に入局し、主に
  リウマチ、膠原病、糖尿病の臨床に従事してきました。
  順天堂医院、都立墨東病院等で経験を積み、 平成7年7月より
  当診療所にて診療を開始し、現在に至っています。
  院長の専門である膠原病・関節リウマチについて、簡単にご説明します。


膠原病とは
      
           免疫とは、 自己(自分自身)の体を守るために外来のウイルスや細菌を
    攻撃するシステムですが、このシステムが何らかの原因によって自己に対して
    働いてしまい、自己を攻撃するために発症するのが自己免疫性疾患です。

      膠原病は、この自己免疫性疾患のひとつと考えられています。
    膠原病には、 関節リウマチ、 全身性エリテマトーデス、 多発性筋炎・皮膚
    筋炎、混合性結合識病、結節性多発動脈炎、強皮症、シェーグレン症候群、
    抗リン脂質抗体症候群、血管炎症候群など、多くの疾患があります。

 リウマチは早期診断が大切です

  
    関節リウマチとは、全身のさまざまな関節に慢性の炎症がおこり、関節
腫れや痛みをひきおこす病気です。関節以外にも貧血、微熱、倦怠感、
寝汗、体重減少、リンパ腫脹などの症状もおこします。

  関節リウマチの破壊は、発病後約3年以内に急速に進行します。
破壊が進み、関節が曲がってしまったり、腫れてしまったりしたら、元の

状態に戻すのは難しくなってしまいますので、なるべく早く診断して、
薬物療法を受けることがとても大切です。
  適切な治療を受けることにより、機能障害を残さずに寛解するか、
関節リウマチであることを意識せず過ごせる程度にコントロールする
ことが可能となっています。


日常生活で発見するポイント

  日常生活で以下のような異和感を感じた場合、関節リウマチを疑って
みてもよいと思います。
  関節リウマチは、まず小さな関節に発症することが多く、手首も含め
手根骨という小さな骨の集まっているところ、および指先の第2,3番目の
関節が痛くて腫れているときには、注意が必要です。
  また、足のほうには気が向きづらいのですが、最初に足の指の関節が
痛くなったという方も2割ほどいらっしゃいます。
  このように、 手の関節以外に症状が出ることがありますので、
全身の状態をしっかり観察することが大切です。



見る・触ることが大切です

  血液検査やレントゲン検査ももちろん大切ですが、全身の状態を

しっかり見て、触ることも、とても大切です。

  リウマチの方の関節には熱感がありますし、症状が進行すると
関節が破壊されて押したときに柔らかく感じます。
  関節リウマチと鑑別しなければならない病気に変形性関節症が
ありますが、 この場合は下の骨がしっかりしているので、触ると硬く
感じることが多いのです。
  早期発見のために注意したいポイントとしては、貧血があります。
活動性の高いリウマチの方では、相当数に貧血がおこりますので、
なんとなく顔色が悪く、ちょっと関節や節々が痛いことがつづいている
場合には、リウマチを疑ってみてもよいと思います。

 リウマチの薬物療法

  

    薬は大きく分けて、消炎鎮痛剤(NSAIDs)ステロイド剤
抗リウマチ薬(DMARDs)生物学的製剤が使われます。
              治療に際しては症状や関節超音波、炎症のマーカー(赤沈、CRPなど)
をもとにして定期的に疾患活動性を評価しながら、病態にあわせた
薬物を選択していきます。

  このうちNSAIDsやステロイド剤は、腫れや痛みといったリウマチの
つらい症状を抑えるのが目的で、関節リウマチそのものの進展を
遅らせる作用はありません。
    そこで関節リウマチそのものを寛解に至らせる、または進行を遅らせる
効果の期待できるDMARDsが主体となります(以下に表で示します)。
関節リウマチは発症3年以内に骨破壊の生じることが多いため、
DMARDsを発症早期から積極的に使用することが推奨されています。

   
さらに生物学的製剤の登場により関節リウマチの治療は大きく進歩
しています。

生物学的製剤は生物が産生した蛋白質を利用し、関節リウマチの炎症を
引き起こすTNF-αやIL-6、CTLA-4といった炎症性サイトカインを抑えることで
関節の痛みや腫れをやわらげ、関節破壊の進行をとめる作用が認め
られています。

  どのような薬にも当てはまることですが、DMARDsはじめ
NSAIDs、ステロイド剤、生物学的製剤にも、重篤な副作用は報告
されています。

  重要なのは、「副作用かもしれない」と感じたら、些細なこと
でもすぐに医師・看護師・薬剤師に連絡することです。
薬の副作用を恐れるあまりに適切な薬を服用せず、病状を悪化
させることのないように、不安や疑問がありましたら、何でも
主治医にお話しください。



                 
抗リウマチ薬(DMARDs)
種類 販売名 一般名 主な副作用




免疫
調整剤
シオゾール 金チオリンゴ酸Na 皮疹・蛋白尿
リドーラ オーラノフィン 下痢・肝障害
メタルカプターゼ D−ペニシラミン 皮疹・蛋白尿・肝障害・血小板減少・
自己免疫疾患の誘発
アザルフィジンEN   サラゾスルファピリジン 皮疹
リマチル ブシラミン 皮疹・蛋白尿
カルフェニール ロベンザリット 腎機能障害
オークル、モーバー アクタリット 皮疹


免疫
抑制剤
リウマトレックス
メトレート
メトトレキサート 間質性肺炎・骨髄障害・肝障害・腎機能障害
ブレディニン ミゾリビン 高尿酸血症
アラバ レフルノミド 肝障害・骨髄障害・下痢・感染症・
間質性肺炎
プログラフ タクロリムス 感染症
                



                          
生物学的製剤

販売名 一般名 注射の仕方 注射の頻度
レミケード インフリキシマブ 点滴注射 ・初めての点滴の後、2週後、6週後、以降は4〜8週毎
・1回の点滴は血圧・体温・呼吸数など測りながら
 2時間以上かけて行います

・メトトレキサートとの併用が必要です
エンブレル エタネルセプト 皮下注射 ・週1〜2回
・一定の条件を満たせば自己注射への移行も
 可能です
メトトレキサートとの併用で有効性が高まります
ヒュミラ アダリムマブ 皮下注射 ・2週に1回
・一定の条件を満たせば自己注射への移行も
 可能です
アクテムラ トシリズマブ 点滴注射 ・4週毎
・開始後は緩徐に点滴を始め、異常がないことを確認後
 点滴速度を速めて1時間程度かけて点滴します
皮下注射 ・2週毎
シンポニー ゴリムマブ 皮下注射 ・4週に1回
シムジア セルトリズマブ
ペゴル
皮下注射 ・初めての点滴の後、2週後、4週後、以降は2〜4週毎
オレンシア アバタセプト 点滴注射 ・初めての点滴の後、2週後、4週後、以降は4週毎
皮下注射 ・1週毎


 在宅でのケアのために

    
   関節 リウマチの方に適したスプーンやブラシをはじめ、色々な
介助用品があります。
日本リウマチ友の会リウマチ情報センター(日本リウマチ財団)では、
これらの介助用品を紹介していますので、日々の生活に不便を感じて
いらっしゃる方は、 一度問い合わせてみてもよいのではないしょうか。