MK-6

● ループの直径67p

● パイプの径22mmφ

● 重量 1.2s
  (固定C装着時)

● 周波数50〜21MHz
   (フルオプション時)

● 耐入力50MHz100W
    HF 50W

21MHzの形状

MK-6 の特徴

● 50MHzでの放射効率を最大限上げました。
またHFでの性能とループの大きさのバランスを考えて、ベランダ等に設置が
容易なサイズにしました。

HFでの性能は?
問題なくベランダからDXができます。

50MHzでは今までMK-3がベランダ最強を自負していましたが、さらに3dbほど
上がりました。
集合住宅の屋上で1λのループを取り付けてMK-6と比較すると、MK-6の方が
Sが1〜2ほど上です。

このサイズより直径を大きくすると、磁界型のアンテナでは動作しません。
50MHzで最大の直径になります。

最近の研究でこのタイプのアンテナの名称を、
50MHzではMLA(Magnetic Loop Antennas)ではなくHLA(Hybrid Loop Antenna)
と呼んだ方が特性を良く表していると言う意見もあります。

放射効率は50MHzでは例えば直径20pのMLA比較して、倍以上高くなります。