50MHzスイスクワッド MSQ-6




スイスクワッドはループアンテナの中でも大変魅力あるアン
テナです。

1λのループアンテナですから50MHzでも1辺が1.5mを
超えます。

形が複雑で組み立てるのもけっこう難しそうに見えます。
でも実は組み立てはそんなに難しくないのです。
このアンテナは、エレメントにテプラーで番号が
記されていて、
それを合わせてネジをしめるだけです。


簡単に組み立てられます。
アルミエレメントを組み立てておけば、車で移動して、
ポールに取り付ければ直ぐにQRV出きます。




ゲインもありますし仰角も低く素晴らしいアンテナです。
下の画像は15mに設置したパターンです。

今回このアンテナを新しくするにあたって、設計を見直し、改めて1から縦横の比
を変えて、SIMし直し、新たな形状に生まれ変わりました、
Gh 8dbi ・ F/B11dB 以上、計算上ありますが、使用感としてはF/B比はもう少し
大きい様に感じます。
この形状がGh、F/B比のバランスでベストだと考えています。

昔、TEDがSQを制作販売していましたが、ネットで画像を検索すると1枚だけ見つけました。
驚いたことに縦横の比は今回設計したSQの形状にそっくりで、SIMがない時代にさすがだなあ
と感心いたしました。




ループ系全般に言える事ですが、エレメントを増やして、
Ghを稼ごうとすると、構造上弱くなります。

むしろ2〜3ELに留めて、ループ系の放射パターンを楽しん
だ方がずっと面白い運用が出来ると思います。

このアンテナは決してピークで強い
電波を出すアンテナではありません。
むしろ、しつこいアンテナ
とでも表現した方が良いかも知れません

例えばバンドがオープンし初め、
だれよりも最初に聞こえ始め、

そして他の人がフェードアウトしたと思っても、
ひょろひょろとしつこく最後まで聞こえている。
そんな感じでしょうか。

またQSBに対しても強いアンテナです

このアンテナを製作する上で一番苦労するのは、エレメント
のクロス部分です。

点になりますから、
形を維持していくのが難しいです。


アンテナハンドブックには左右のエレメント間にベーク棒を
補強に取り付けた50MHz3ELのSQが出ていますが、

一番気になる詳細なクロス部分の構造は
書かれていません。

以下の画像は分解したアンテナの画像です。



アルミエレメントをベンドすることにより、
この問題を解決しました。

1エレメント2点支持ですから軽量、かつしっかりとエレメント
を支持できます。



エレメントを組み立て分解する時、簡単にできる様に、
また強度を少しでも増すため、

新しく金属の絞り治具と絞り工具を自作して
接合部分のすき間を極力減らし、
ネジ1本でエレメントを支えられる様に工夫しました。




(パイプ接合部UP画像、異径パイプギャップ推定0.05o)


(給電部のUP)


赤い給電線は1.25SQテフロン被覆耐電圧1000V










お問い合わせは以下をクリックしてください。
field_ant@yahoo.co.jp

戻る
戻る