2006.3/11(土) 初島第一桟橋 8:00-16:00(実釣)

熱海港には釣り客がわんさと来ており、ロッドケースの数をざっと数えただけでも20本以上、それでも後からバシバシ乗船してくる。
しかし、大概の客は南を目指し、広場突端(無理すれば入れたが)のメジナの巣ポイントは、常連が占拠。
いつもの広場右のテトラに(割と余裕を持って)入る。ポイントを熟知していない、あぶれた客も多く、あちこちをウロウロしていた。
で、やはりメジナの巣では、良型が上がっているようだった。単発だが、帰路見るとスカリが4本入っていた。
こちらは、イワシの大群がグワチャァといるものの本命はさっぱり。餌も時おり盗られる程度でアタリらしいアタリもなく時間が過ぎる。
ハリスを2号に落としていたら、2ブロックはなれた程度の右の客が、騒いでいる。
よく観ると、何やら掛けたらしいが、半端な引きでは無いらしい。フカセ釣りが石物の如く尻を落とし対抗している。
が、魚なのか何なのか此処からは良く判らない。ギャラリーも集まって来て、同行者もタモを持って駆けつけてきたが、根に入られたのか
ラインを切っていた。魚ならとてつもなくドでかいヤツかもしれないが、本当に石物を掛けたのかもしれない。
こちらはさっぱりアタリもなく、潮は数分単位でグルグルと周り落ち着かない。
12時頃に左手方向に流れていた潮が、右に動き出し安定したので、いつもの東側突端に移動した。
こちらも、アタリらしいアタリも無いまま、沈んだウキにアワセを入れたら、ズシンと竿に乗った。
ウキはかなり沖に流れていたが、魚らしきものはかなり手前で食っている。重いが今一元気が無い。
ブダイか?と思った瞬間、上がってきたのは40cm近いタカノハダイ。後ろを見るとギャラリーがたくさん・・・。
魚は結局この1枚だけ。水温もそれほど低くなく、気温も暖かく絶好の釣り日和と思われたが・・・。12月以降タモ入れしたのは始めて。
周りも殆ど魚らしい魚は掛けていなかった。やはり広場突端のメジナの巣だけか?
今日は伊豆東側海岸は昨日の低気圧通過で終日大荒れだったが、初島第一桟橋は、このような状態でも釣りやすい。
世間は行楽日和で、熱海・真鶴〜大渋滞。全て旧道を走り抜け、渋滞を回避し、西湘の終点(大磯)で、若干の渋滞にはまったものの、
1.5時間で帰宅。そう言えば、真鶴旧旧道に野生の猿が道路を横断しようとしていました。
今日の教訓:餌木とタモは一緒に仕舞ったら後が大変!