2006.4/15(土) 宮川・沖テトラ 6:20-15:00
Hiro、狂
北東の風が強く、プロペラがビュンビュンと唸りをたて回っている状況。海況は風の波気もありそれほど悪くはなさそうだが。客は、2名がドット島へ渡り、我々2名は沖テトラのいつもの場所へ。
渡船が5:50となりやや早まった。2名の後発客が居たが2番船となり、磯回りした後に沖テトラに渡ってきた。
当初二人並んで釣りをしていたが、右手からの風になり、どうも釣り辛く、私は東角の沖向きに移動した。
ここで、7:30頃にやっと28cmのメジナを掛けボーズを免れる。と言うほど、本命のアタリがなかった。
エサトリは際に貼り付き活性は高そうなのだが・・・。Hiroも長時間メジナにめぐり合えず苦労していた様子。
更にフグ類にハリを飛ばされ悩まされていたようだった。面白い事に、フグの数は変わらないと思うが、
こちらはハリスを痛めることは終日なかった。ハリコミ小次郎のお陰か?これ、中々良いかもしれない。
途中、9:30頃か?15mほど沖でメジナが湧き出し、立て続けに(小型だが)ヒットする。しかし長続きはせず、
3尾ほどで沈黙する。
今回も結局は黒鯛の気配すら感じず、メジナオンリー(その他タナゴ、ベラ・・・)。
2人共、28cmを頭に10尾程度の口太を釣り上げた。
10時頃に渡船客が磯に向かったようだが、後でまるよしのログを見る限りは不調だったようだ。
ドット島もベラ・キス?など。
如何せん、右手からの風が強くなり、ミチイトが宙に舞うほど。潮も殆ど動かず、風に悩まされ続けた1日だった。
メジナもコマセが綺麗に同調した無風の時にヒットする確率が高く、このコマセと仕掛けが中々あわない。
(ポイントは20m以上沖)
殆どがコマセと仕掛けがあらぬ方向に流れ、今回は11時で最初の2ブロックを使い切ってしまった。
残りのコマセも15時まで持ちそうにもなかったのだが、ラインがかなりの長さをカキに擦ったため、14:20に終了。
板オモリをせっせと貼り浮力調整したウキは非常に良い感じなのだが、両面テープが持たない。ウキ側はしっかりと
粘着しているのだが、板オモリ側が剥がれ脱落してしまう。
今日の釣りは、風の所為でポイントが定まらず、またコマセも方々に打ち分けることになり、エサトリの中メジナを拾い釣りする形となった。
それもでも、10尾を釣ったのは、まずまずだったか。今年も黒鯛サイズは無縁のままかもしれない。
沖テトラは、前回報告したように何箇所か降りられるが、障害物・足場・高さなど一長一短がある。やはり左右に影響されずに広く探れるポイントが良いが、中央のいつもの釣り場か、東角に軍配が上がると思われる。