2006.5/8(月) 茅ヶ崎烏帽子群礁・長者蔵 6:00-13:30 狂

7日MY氏より釣行NGの連絡があり、残念であるが一人で茅ヶ崎沖磯に行くことにした。
6日より大荒れの状態で、7日も風雨強く心配されたが、天気予報では8日は、東風1-3m程度で曇りと絶好の
コンディションの様子。
多少の波は残るかもしれないが、風波なのでそれほど心配もしていない。果たして磯屋へ予約電話を
入れると釣行可能とのことだった。
しかし8日早朝、荷物をに積み込むため外に出ると、「ゴー」と風が唸っている。
念のため、磯屋に電話を入れいると、「予報と違って南が強い、今船長が見に行っているので待機していて」
・・ということで、5時に携帯に電話を貰うことにしたが、いざ出船可能となると間に合わないので、
荷物を全て車に詰め込み、道具立ても追加して、4:50に出かけた。
(道具立て追加→茅ヶ崎がNGの場合、初島釣行と切替える予定のため、バッカン・1.7号竿、その他道具の
 追加をした。磯屋ではコマセ桶を借りている)
磯屋に付くと、先客2名が待機していたが、程なく船長より「GOサイン」が出た。
↑釣り座の全景。干潮時でも波が洗うので
 チャランボは必需品。右手の高台には
 荷物は置けるが、満潮時は保証できない。
 湾側の高台に置けば大丈夫。(鳥が多い)
オキアミ3kg×2(解凍済み)、さなぎミンチ2kg、さなぎ粒、パン粉3袋を購入し渡船乗り場へ。
磯屋3名、たつみ屋2名と平日としてもラッキーだ。
さすがに平島群礁は波に洗われており渡礁は不可能で、烏帽子へ向かった。
「どこに乗る?」と聞かれたので、何となく「長者か本島」と答えたら、長者に一人だけ降りる事に
なった(終日プライベート磯だった)。
自分でもなぜ「長者」と言ったか判らない。もちろん「長者蔵」は初渡礁。店では本島のチャカ場(湾)が
良いと言われていたので、本島の客が多いと踏んだのかも知れない。
本島に2名、平磯に2名となんとも贅沢な釣行だ。後に7:30頃に2名が本島に、9時過ぎに1名が大平に渡ってきた。
湾の方も多少気になって、荒れがひどくなれば、釣り座を移動することも考えていたが、本島の釣り客が
各々場所を移動している様子。こうなるとあまり釣果も望めそうもなさそうだ。
こちらも、その後が続かず、エサトリの猛攻に遭い撃沈。12:00頃になると、潮位も少し上がり荒れも出たため、
波がかなりの範囲で這い上がってくるようになる。さなぎ餌も少しずつ齧られる程度で、残ってくることが
多くなる。釣り座を波を避けながら西向きに移動したが状況は変わらなかった。
途中、朝と同様のウキの消し込みがあったが、何の抵抗もなく高切れ。ハリスは毎回毎回チェックして
いたが、ミチイトまでは気が回らなかった。
→本日の教訓:ハリスもミチイトも海の中にある同じ糸。
↑今回の釣り場。チャカ場の先端も広範囲に
 攻められるが、このワンドで釣果あり。
 このワンドは西に20mほどあり、数名の
 釣行が可能。但し、西側はやや浅いかも。
今日使用する竿は、
DAIWA制覇技0.8-530。
まだ1回しか使っておらず、
普段は1.5、1.7号を使用して
いるため、0.8号となると
やや不安もあるが、
以前、大物(50cm超の大ボラ)も
難なく寄せてこれたので、
ま、ちょっとやそっとの魚なら
何とかなるだろう。
大荒れで渡礁不可が続いた連休明け・・・期待は高まる。
丘向きのチャカ場の左手に釣り座を構えた。大荒れの日は、長者蔵・本島・大平・鵜島で形成される
烏帽子群礁の「湾」での釣果の実績が高いと聞いていたが、以前もベラしか釣ったことがないので、
気が進まず丘向きを選んだ。こちらは波が駆け上がってくるので、注意が必要。
湘南界隈の沖磯は全体的に低いため、チャランボは必需品。ただしスズキ島は、人が多いときは勝手に
チャランボを立てると怒られるらしい(専用の荷掛け柱がある)。
さて、最初は潮がおっつけてくる状態で、ツケエ(オキアミ)も
残っている状態だったが、沖に払い出すようになると、今度は
スズメダイ・フグ類の猛攻に遭い、ツケエが瞬く間になくなってしまう。
メジナの気配もあったのでしばらくはオキアミで我慢していたのだが
木っ葉の気配さえない(と言うかエサトリがすごい)。
ツケエをさなぎ粒に変えたものの、これもスズメダイの好物で歯が
立たない。ウキは沈んでいくがハリ掛かりしない状態が続く。
待望の初ヒットがササノハベラ。今日はこのベラ(オハグロも混じって
いたかもしれない)が、さなぎ粒でよく釣れた。
8時頃か、やや速いスピードでウキが消し込まれ、アワセを入れると、
グーンと竿に重みが乗った。待望の本命だ。サイズは30cm強か。
難なく浮かせタモ入れ。とりあえず本命ボーズは免れた。
(これは刺身で頂いたが、思った以上に水っぽかった)
↑採寸すると、35cm。
 宮川と同サイズとは・・・・
店に戻ると、平磯はメバル。あとは木っ葉メジナの入れ食いだった
らしい。本島は不明だが、大平の客も本島の先客1名も早上がりして
いたので情報がないところ、あまり良くなかったかもしれない。
(14時に一緒に帰港した人<たつみの客>には、特に聞かなかった)

まぁ、GW明けの平日とは言え、少ない釣り客でのんびり釣りができ、
小さいながらも本命を上げられたので、まずまずでした。
近場は良いもので、帰宅後、魚を捌き・道具の洗浄&片付け・洗濯・
(庭のさくらんぼ摘み)と焼酎お湯割り&昼寝まで付けてしまった。

さてこれから梅雨に掛けて、南伊豆通いに切替え、夏は江ノ島周辺
へと出没する予定。茅ヶ崎沖磯はやはり平日だな。
↑'06.5/8若潮。14:20頃が満潮だが、
 13:30頃の状況。釣り座後ろの高台にも
 波が来ています。
←今年の初摘みさくらんぼ。
 狭い庭の自家製ですが、結構美味しいんです。
その他の写真は、Galleryへ掲載する予定です。
※写っている船は
 沖エ門丸(沖釣りの船)です。