秋磯突入となり、早速、南伊豆へ釣行した。
天候も悪くないと思うのだが、意外と解凍餌も南に向かう車も少ない。
果たして、すさき丸は7名の釣り客のみ(いつもの常連が遅れたため中木に向かったらしい)。

すさき丸は船首をなぜか爪木島に向け、2名を途中の磯へ、2名を爪木島に降ろし、横根へ向かう。

既に手石の渡船が沖横根に待機していたため、一人の客を横根3番へ我々は、やや横波がきついが、
「川」へ降ろしてもらう。・・・沖横根と横根の水道だ(前から渡礁したかったポイントでもある)。

これで、プライベートな釣りが出来る。

写真では判りにくいが数が釣れるため、
タイドプールに入れて、活かしておいた。

2006.9/30(土) 須崎・横根(川) 6:30-14:15(実釣)
Hiro、狂

6:30早速釣りを開始(今日も、潮島4号でカゴ仕掛も用意した)。
3投目程から、良型イサキが釣れ始める。

尾長の良型を想定したため、ハリを「あわせちゃダメジナ」を使用してた。
しかし頻繁に出るイサキのアタリには、素バリを引く事が多く
終に、ハリをチヌバリ3号などに交換。

すると、今度はメジナが釣れ出す。最初は30cmほどのものが上がり、
最長34cm程を筆頭に、5尾程を釣る(口太、尾長混じりだが大きいのは口太)
Hiro氏も、39cm(尾股採寸)筆頭に、数を上げていた。

イサキのお土産も確保できていたので、メジナは全部海にお帰り頂いた。

イサキに比べ、やはりメジナは、
光沢もあり、綺麗な魚である。
この時期の食味はイサキに
軍配が上がるが。

水道筋に
釣り座を取り、正面・
水道側と釣り分ける。
イサキも意外と
瀬際でヒットしてくる。

途中、週間釣りニュースの取材が入り、
写真撮影が始まった。
釣果を持って、並んで撮影してもらったが、
私は既にメジナをリリースしていたため、
Hiro氏のNo.2を借りることになった。
少し後悔したが、後の祭りである。
エサトリもおり時折餌が掠め取られるが、活性が低いのか、
イサキなどの群れに負けているのか、殆ど気にならない。
私は、スズメダイ1尾を掛けたのみ。
Hiro氏もベラとイスズミ(小)程度だったとの事。

とにかく釣れる魚は、イサキ・メジナばかり。
圧倒的にイサキが多く、付け餌が取られなければ、ちょっと
我慢すれば高確率でヒットする。
口切れなどでバラシも多かったが、15尾ほどを土産にし
友人に配る予定。

竿を置きに行って撮影が遅れ、
やり取りのシーンの確保失敗。
無事タモ入れし、イシシシシ。
水道側のアタリが止まると、
こちら側が良くヒットしていた。

写真でも判る通り、生憎の雨模様となり、8時〜12時過ぎまで、降ったり止んだりが続く。
この季節、雨が降ると、ウェアを着なければならず、無茶苦茶暑くなってしまう。ゴアテックスも限界はある。

カゴ仕掛では、小1時間挑戦したが、釣果は得られず。しかし水道を右手に流したところで、浮きが消しこみ
竿に重みが乗った。初ヒットである。しかし根際に来たところで、ラインブレイク。
3号ハリスのチモト辺りがザラザラになっている。どうも良型尾長だったらしい。
竿2本以上のタナを取っていたので、飲み込まれたようだ。いやぁ惜しい。
真鯛か青物でもと思ったが、体力が続かず・・・。(その後フカセに専念するために、未練を残しつつ道具を片付けた)
どこの磯もイサキが多く上がっているようだが、先の記者の話では、メジナはさっぱりらしい。
私は、イサキの合間を縫って、シマダイ・カイワリを釣り上げ、その引きを楽しんだ。
水道の右手に高台があり、そこに釣師が2名ほど入ったため、水道を流すことが出来なくなったが、
その釣師は、フカセでイシガキダイ(上記のシマダイと同サイズ)を上げていた。
今日は、何と磯五(四)目釣りの様だ。
チャカ付け時も船が横波で煽られ、安定しなかったが、この海域は
水道の流れ・おっつけの潮・ウネリがぶつかり合い、複雑な流れになるようだ。
磯も低いため、大荒れ時は渡礁が出来ないが、結構楽しめる磯である。

向かいの沖横根の釣師も、沖向きや水道向きで、メジナやイサキを掛けていたが、
この水道は、なぜか横根側に軍配が上がるようだ。

以前沖横根で下記の場所で実釣・視察もしたが、水道口はやや釣り難い感があった。

手石の渡船がかなりの客を降ろしていたので、この二人もあぶれて、こちらに
渡って来たのかも知れない。
時折、この二人の左右の磯場を沖からの波が洗って行く。

帰りの渡船から→
(左)沖横根。(右)横根全景。

港に帰ると、3番の客も適度にイサキを土産にしていた。サイズ的には、変わらない。
しかし、爪木島に入った釣師達(子供のときから須崎通い)が釣ったイサキと比べると、こちらのイサキは
子イサキらしい?<実物は見ていないが>、この釣師は「この時期は爪木のイサキは大型化する」と言って、
専門に狙うらしい。そのため、これだけ空いていたにも拘らず、横根へ行かず、爪木に向かったのだ。
来年まで覚えておこう!
雨で快適な釣りとは行かなかったが、風もなく良い釣行だった。
とにかく、エサトリが少ない事が幸いし、美味しいお土産が多数確保できた。この様な釣りは滅多にないだろう。

帰路も、殆ど渋滞もなく、約3時間で到着。久々の南伊豆釣行は大大成功だった。
<魚を捌くのが、えらいしんどかったが、無事、近所に配ることが出来た。>

昨年11月頃に良型メジナの爆釣があったが、この分だと、今年も期待できそうだ。

今回使用した、竿は、SHIMANO極翔 磯1.5号、ミチイトSunLine1.75号でハリスは終日2号。
竿は、前回の中木釣行で穂先を折り、自分で修理したもの。削りすぎで細くなった穂先やTOPガイドと2番ガイドの
近接が気になったが、終日の大漁に、充分に耐えてくれた。