撮影は9:30頃。
一番右が同行した釣師。

2人置いて現地で合流した
お仲間。

家族連れが押し掛け、釣り座の
間に入るので釣り難くなった。

私の釣り座は、黒のバッカンが
ある所。

2006.10/14(土) 葉山マリーナ 6:30-11:00(実釣)

乗り越えた先の堤防。

この仲間の人は、バシバシとメジナや
シマダイを掛けていた。
ソウダガツオは全部この人がタモ入れ
してくれた。

今日は、1.5尾をタタキに。
残りを竜田揚げで調理する
ことにした。

昨夜、井上さんにオキアミの解凍依頼をしたものの、波が高く磯は難しい
との事。ま、堤防でも良いかと思い出掛けてみた。
やはり秋は全般的に潮位が高くなる傾向にあるらしい。
更に今回は台風18号も影響しているのかもしれない。
江ノ島に着き、オキアミ(1.5kg)2ブロック(解凍済み)とサナギミンチ1kg
粒1kgを購入。検討した結果、堤防灯台下で竿を出すことにした。
早速、駐車場を横切り、向かったものの、ロープが張られ、「高波・立入禁止」とある。

2006.7/8の私の魚拓。
上の魚拓に1cm負けていた。

見たところ問題はなさそうだが、ガタガタ揉めるのもいやなので、
左下に下りて、湾内で竿を出すことにした。
が、北向き突端は概ね常連さんが陣取っており(コンクリに竿受がセットしてある)、
とても入る余地はなく、後続のお仲間もバシバシ到着するので、先端は諦めた。
かといって、西向きや公園下の堤防では釣果も望めそうになく、またテトラポットもイマイチ気が乗らず、時折来る
ウネリもやや怖い。・・・諦めて、江ノ島から移動することにし井上餌店に戻った。するとテトラでやると言うお客が
来ていた(いつもテトラだそうだ)。簡単に状況を説明したら、とりあえずいつもの釣り座(釜の口側らしい?)に
向かってみると言う。それならば多少は心強いと、私も背負子を片付けテトラ用に荷造りを替えて、ブーツに履き替え、
出陣しようとしたら、件のお客さんが「×」マークを出しながら、戻ってきた。足元に波が来るらしい。
釣り座の高さは判らないが、常連さんがNGと言っている所を無理に行くこともない。
そのお客さんは「葉山に行く」と言って出発した。私も「小坪に行く」と言って、井上餌店を後にした。
稲村ガ崎の手前辺りで、後ろから見た事のある車が近づいてきた。さっきの釣り師だ。
腰越にでも寄っていたのか?、窓を開け、後方に挨拶をすると、大きな声で「葉山へ行こう!」と言われる。
初めての釣り場大好き人間には、またとないチャンスだ。即答で「了解!」と応え、先行してもらう。
車は、何とマリーナの駐車場に入れる。
(300円/h-夏季は別料金と思う)
てっきり芝崎のような釣り場に行くと思っていたが、
こんな所に釣り場はあるのか?

そう、釣り場は駐車場の先のゲートの向こう。
8:30に開門するらしいが、それを乗り越えていく。

ルール違反だが、ま、良いか。
既に、落とし込みの連中やルアー客が先行して
入っているようだ。
釣り座右手のL字のテトラ脇が黒鯛の棲みからしく
同行の釣師(名前を聞いたがHPでは書きません)は、
ここで、30cm程のチヌを掛けた。

こちらはサナギは齧られもせず、サナギ黒鯛は撃沈。
堤防突端では、ルアー客がワカシのようなものを
掛けていた。ベイトフィッシュは大群で群れており、
そこら中でナブラが立っている。
青物がガンガン走り回っているようだ。
ルアーはバッグに入っているが、竿は1号磯と
カゴ仕掛しか予備がない。
私も適度にシマダイやメジナを掛け、遊ばせて貰ったが、
黒鯛の気配はない。
シマイサキ(10cmにも満たない、うりぼう)も掛かり、3目釣り。

そうこうしていると、ウキの周りでいきなりナブラが立ったと
思ったら、ウキも一緒に泳ぎまわっている。
サバだー!、土産は出来たと思ったが、意外と強い引きだ!
お仲間に、タモ入れをしてもらい、無事に上がってきたのは
ソウダガツオだった。

穂先補修の極翔1.5号は、
この引きにも耐えたので、
問題なさそう。

BlackStream1.75号も
良くがんばる。

10時頃には、ファミリーや小僧釣師が大挙して来始めた。同行して頂いた2人も、その頃には竿を仕舞われ帰られたが、
明日も、ここに来ると言う。とにかく、湘南・南伊豆・東伊豆と、数多く出歩かれているらしい。
私も、10時以降さっぱりとアタリもなくなり、11時に片づけ始めた。
カゴ仕掛けも、周りではさっぱりのようなので、あえて出す気にもならず、お土産もあるので、そのまま終了。
チヌが来れば、五目釣りになったのだが。

帰路は、滑川まではスムーズだったが、やはり江ノ島まで渋滞情報が出ていたため、迂回し鎌倉市役所経由で
帰った。結局、食事は自宅に戻ってから、買っておいた弁当になった。

※駐車場代は、1,820円。う〜ん、餌代と同じになった。

対岸の堤防は、柵〜突端の堤防まで、
この様な、升目の堤防になっている。
いかにも、落とし込みの釣り場だ。

所々、幅の広い場所もあるので、
フカセも可能だが、落とし込みの釣師に
とっては、邪魔になるかな。

これだけ青物が回っていると
ルアーも面白そうだ。

アオリイカの釣果の形跡はなさそう。

釣り座となった堤防の全景。

写真のが40cm弱で最大で、この後も2本も掛かり、楽しませて貰った。
尾びれの黒い青物は、全てこのソウダガツオのようだった。ガンガンとベイトを追っかける速度はすごい!

図鑑と写真の原本と比較してみた結果、
ヒラソウダガツオと判明。マルソウダは更にサバ模様になる。