2010.06/12(土) 須崎・横根(稲荷下・川)
HIRO、狂
さて、今夏前、最後の南伊豆の予定で、須崎・横根へ。

満潮・大潮のためか、川は海の中・・・。須崎丸は表側に回り
我々は、稲荷下に入った。他客2名と4名で渡礁。

私の釣り座は、左写真右側の白バッカンが置いてある所。

船からは判らなかったが、右から左の流れが思った以上に早く、
この2名と仕掛けがかぶり、殆ど釣りにならない状態。
※なかなか長く流せない。

HIRO氏は、写真左下の、沖横根向きの一段下がった所に入る。
ここは、川側に人がいなければ、根際の流れをゆっくりと探れそう。

6:20〜の実釣で私は子ブダイとイサキを上げた。
が、イサキを上げた所で穂先を欠損。竿を交換したついでに
裏側に様子を見に行く。8時頃か・・・
沖横根も向かい風と流れ、ウネリでかなり厳しい様子。
川に行ってみると、いつもの釣り座は他客が入っていたため
左側に釣り座を構える。
ここで、メジナ25cm1尾。オジサン1尾を足元でヒット。


が、全く続かず、沖目に遠投してコマセも打たず沈ませ
アタリを待つと・・・・、ポツポツとイサキが釣れる。
型は伸びないし、3尾で打ち止め。9:30頃。

右手の釣り師も、時折イサキを掛けているが、余り続かない。

アタリも止まったところで、朝飯&休憩。
表側の早い潮流から、こちらは適度な下りが流れていると
思いきや、海況はいたって静か。流れは殆どない状況。
このイサキで、ほぼ打ち止めとなった。
食事後、少々朝寝を貪り、起きた所で、
右手の釣り師が、元の釣り座に戻るというので、
後を使わせてもらうことに。

が、更に状況は悪く、餌盗りもいない状況。
足元ではオキアミがそのまんま残ってくる状況。

オジサンを1尾を掛けたものの、沖合もさっぱり。

沖合は餌が盗られるものの全くハリにも載らない。


13時頃か、様子を見来たHIRO氏が、43cmの口太を
上げたと言っていた。
朝一も、良型のバラシがあったらしく、悔しい思いを
していたとのこと。

その頃から、沖横根の先端を波が洗うようになり、
川周辺に適度なサラシが出来るも・・・・
魚の活性は全く上がらず、10:30以降は完全ボース。
右写真の根際では、毎度良型のアタリがあるものの、
今日は、餌が残って来る状況が続く。
また潮も、磯際からどんどん離れるため、
根際を集中して探ることもできなかった。


海色は、申し分なく良さそうなのだが。
沖横根も横根裏本場の釣り客も、激流に翻弄され、
まともな釣りが出来なかったとのこと。

これは、ほぼ終日続いたようで・・・・・

どうやら、裏3番や川のアタリは、完全ケンミに
なってい様だ。

おみやげはできたものの、不完全燃焼のまま
コマセもほぼ尽きた14時に終了。


さて、次回は・・・・・
9月頃に、青物が回遊する時期を狙って来てみるか?


それまでは、湘南府も釣行に突入することになる。
もうすぐ、湘南も梅雨入りになると思うのだが。