2010.08/20(金) 茅ヶ崎・ヘッドランド
毎度の早上がり釣行。
おりしも家を出る時に、高校野球 東海大相模 vs 成田をやっていて・・・・
5回表の東海大相模の逆転劇を見て、機嫌良く、出発。15時。

海につくと、思った以上に風が強く、東南の風は、次第に南向きに強くなっていく。
が、やはり漁港よりヘッドランドの方が可能性も高いと判断し、漁港には寄らずに直接ヘッドランドを目指す。
先日の釣行で、常連さんが、西突端で釣果が続いたよと言って
いたので視察に。が、先客が入っていたので、諦めて
いつもの釣座へ。

西突端のテトラポッドにも入れないことはなかったが、
取り込みエリアが狭く、今回はやめにした。
今日のヘッドランドは、ワシオが早く流れていたものの、
この潮では何も食ってくる気配もなく。

南風が押してくるようになると、潮も押して来て
やや海もざわついてくる。

時折、フグが連続でカニを盗っていくもののハリ掛かりせずが
続いて、さっぱり魚信がない。

すると、前打ち師が、モエビで30cm弱のカイズを
しかも、二投目で掛けた。

東側にいた釣り師も、良型のメジナらしきものを上げている。
が、こちらには何の音沙汰もなく、時間ばかりが過ぎて行き、17時過ぎに少々休憩。

17:30に再開する時に、仕掛けは、いつものG3ウキをフリーにして、ハリスにG3を打っていたが、
やや餌が早く沈んでいる気がしたので、G5のガン玉に交換してみる。

すると、その一投目。
ごみと一緒に漂っていたウキが、スパッと消しこみ、ぐんっと竿に重みが乗る。

間違いなく本命と思えるアタリだ!

が、ウキに海藻やビニール片が絡みつき、やや危険な状態に。
カニ黒鯛は、その獰猛な性格かガンガンと泳ぎ回り、そのお陰でウキからゴミが外れ、やっとウキが海面を離れた。

が、見えた背びれは、真っ黒!

一瞬、メジナか?と思ったものの、横を向いた魚体には、いぶし銀の縞模様が。

タモ入れも一発で決まり、今年初のカニ黒鯛をゲット!!(前回のは、カイズにも満たなかった)
昨年9月のカニ黒鯛には及ばないものの、
44cmの良型だった。


釣行費0円での釣果は、まずまず。


実釣時間 16:00〜18:15。



まだまだ、今年はカニ黒鯛が楽しめそうだ。

先のモエビの釣り師も、
最初のカイズを上げた後、あちこちにポイントで
頻繁にアタリがあったとのこと。

モエビなので、他魚の可能性も考えられるが、
ワクワクとする情報である。