2021年8月7日(土)「すべてが変わった日」

LET HIM GO・2020・米/加・1時間53分

日本語字幕:手描き風書体下、戸田奈津子/シネスコ・サイズ(IMDbでは2.39、Arri ALEXA mini、Panavision)/ドルビー・デジタル
(米R指定、日PG12指定)

監督・脚本・製作:トーマス・ベズーチャ
原作:ラリー・ワトソン
   『LET HIM GO』
撮影:ガイ・ゴッドフリー
出演:ダイアン・レイン、
   ケビン・コスナー(製作総指揮)、
   ケイリー・カーター、
   レスリー・マンヴィル、
   ジェフリー・ドノヴァン、ほか

公式サイト
https://subetegakawattahi.com
(全国の劇場リストもあり)

1963年アメリカ、モンタナ州の田舎町の郊外で、元保安官のジョージ(ケビン・コスナー)、妻のマーガレット(ダイアン・レイン)、息子のジョームズ(ライアン・ブルース)、とその妻のローナ(ケイリー・カーター)と幼い孫のジミーと暮らすブラックリッジ一家。しかし、ある日ジェームズが落馬して死亡してしまう。3年後、ローナはドニー・ウィーボーイ(ウィメル・ブリテン)という男と再婚、孫を連れて家を出る。しばらくして、マーガレットは偶然ドニーが路上で孫とローナを叩くのを目撃する。そこで、ケーキを作って届ける口実でアパートに向かうと、誰もおらず、ノースダコタの実家へ帰ったという。マーガレットはジミーを連れ戻し一緒に暮らす決心をし、ジョージに話す。

74点

前へ一覧へ次へ
 ロード・ムービーのようでもあり、西部劇のようでもあった。決してハッピー・エンドではないが、心にじわりと残る作品。必要な時、勇気を持ってこういう行動に出られるかどうか。突きつけられたような気がする。そして、アメリカ的には、やられたままでいるのは憶病者のやることで、なめられる。必ずやり返さなければならないということか。日本的には別な解決方法ということになる気がする。この結末からアメリカでは評価が低めなのではないだろうか。ボクはかなり感動した。悪くないと思う。

 ダイアン・レインもケビン・コスナーも、さすがベテラン、とても良い感じ。特にケビン・コスナーはもう年齢的にもヒーローという感じではないが、本作では製作総指揮も務めていて、いい味を出している。元保安官だが、ちっとも強くないところがイイ。2人は「マン・オブ・スティール」(Man of Steel・2013・米/英)シリーズでも夫婦役を演じている。

 「バーン・ノーティス 元スパイの逆襲」(Burn Notice・2007〜2013・米)のジェフリー・ドノヴァンは最近悪役が多い感じ。つい最近も「ファイナル・プラン」(Honest Thief・2020・米)で悪役をやっていた。コミカルな感じのある人なのに、なかなか恐い。さすが役者。そして一番強烈だったのは偉大なママを演じたレスリー・マンヴィル。実に恐い。「マレフィセント」(Maleficent・2014・米/英)シリーズで、3人の妖精の1人、フリットルを演じていたそう。まったく雰囲気が違う。すごいなあ。本作の方がインパクトがある分、印象に残りずごく感じる。悪役が向いているのでは。

 監督・脚本はトーマス・ベズーチャ。「幸せのポートレート」(The Family Stone・2005・米)や「恋するモンテカルロ(未)」(Monte Carlo・2011・ハンガリー/米/仏)の脚本・監督で知られる人。「ガーンジー島の読書会の秘密」(The Guernsey Literary and Potato Peel Pie Society・2018・英/仏/英)の脚本も書いている。日本ではアート系の小劇場で公開。どれも見ていないので何ともだが、本作はそれらよりはエンタテインメント寄りか。でも公開はアート系の小劇場だったが。いずれにしても、コメディもミステリーも、スリラーまでイケるということか。

 銃は、保安官が現役時代に使っていた銃として4インチのミリタリー&ポリスらしいリボルバー(ヘヴィー・バレルのようにも見えた。官給品と呼んでいる)、農家の家に置いてあるのが有鶏頭の水平二連ショットガン、

 「失敗だらけのリスト、それが人生だ」とか「うまくいかなかったら人生の教訓を得る」とか、心に響く言葉も多い。しかも教訓臭くない。

 公開公開2日目の初回、銀座の劇場は全席指定で、2日前に確保。当日は20分前くらいに開場。観客はほぼ中高年。ケビン・コスナーとダイアン・レインだからなあ。最初13人いて、女性は4人。おおむねその比率で、最終的に224席のコロナ座りでほぼ埋まった。

 スクリーンはビスタで開いており、シネマ・チャンネルのあと半暗になって(まだ新聞読んでるオヤジがいたけど)、非常口の注意やドラえもんマナーから予告が続き、映画のようなクォリティーのネットフリックス広告、スクリーンのマスクが左右に広がりシネスコになって、まぶしい足元注意、フルの映画泥棒、映倫で本編へ。


前へ一覧へ次へ