2021年10月17日(日)「キャッシュトラック」

WRATH OF MAN・2021・英/米・1時間59分

日本語字幕:丸ゴシック体下、平井かおり/シネスコ・サイズ(ビスタに上下マスクで上映、Pnavision。IMDbでは2.39、Sony CineAlta)/ドルビー・サラウンド7.1
(英15指定、米R指定)

製作・脚本・監督:ガイ・リッチー
撮影:アラン・スチュワート
出演:ジェイソン・ステイサム、
   ホルト・マッキャラニー、
   ジョシュ・ハートネット、
   スコット・イーストウッド、
   ジェフリー・ドノヴァン、
   アンディ・ガルシア、ほか

公式サイト
https://cashtruck-movie.jp
(全国の劇場リストもあり)

アメリカ、LAの現金輸送専門のフォーティコ警備社に、入社希望の男、パトリック・ヒル(ジェイソン・ステイサム)がやって来る。60時間のトレーニングを受けたあとの試験では、各種目、合格ラインギリギリの7割の達成度でからくも合格する。しかし指導教官だったブレット(ホルト・マッキャラニー)に気に入られ、「H」とあだ名を付けられると、一緒に組むことになる。そして、ある日、デイヴ(ジョシュ・ハートネット)も加えた3人で任務中、黒ずくめの一団に襲われるも、Hは驚異的な身体能力を発揮し、1人で犯人全員を皆殺しにしてしまう。

74点

前へ一覧へ次へ
 暴力とお下劣なセリフ満載の恐いハード・アクション。悪党だらけの映画で、普通の人なら踏み込むことのないギャングの世界は恐ろしく、胸糞悪くなるぎりぎりの寸止めで、面白いミステリー仕立てにもなっていて、楽しめた。良くできている映画。まさにガイリッチー印!

 しかし、おかしく感じたところもあって、そもそも同じ輸送会社だけを狙うのはヘン。会社側からすればそんな事件が起これば、営業はしばらく自粛だろう。ハッキリした原因がわかり、対策が講じられるまでは、普通は営業しない。クライアントも世間も許さないし、警察や政府も許さないだろう。犯罪者側からすれば、普通は事件によってより警備が厳重になるのは明らかだし、仕事の件数も減るだろうし、積み込む金額も減るだろうし、分散されるかもしれない。だって、銀行強盗で考えたら、同じ銀行を続けては襲わないだろう。

 そして、ボスが一旦ヨーロッパへ帰ったとして、その間にボスなしで、命令もないのに、輸送車を襲うか? 食うために仕方なくやった? そうは思えない。謎を作ろうとして、無理をしてしまったのか? 字幕ではニュアンスが伝わらなかったのだろうか。

やはりジェイソン・ステイサムはいい。こんな役がピッタリ。ただ本作は悪すぎ。ちょっと度を越している。ここまで悪くしなくてもという感じ。以外だったのはジョシュ・ハートネット。ボクはキムタクが出た「アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン」( I Come with the Rain・2009・仏/香ほか)以降、見ていなかったので、久しぶりに見たら痩せたのか、ちょっと印象が変わってしまって、別人かと思ったほど。小さい役だし、ほとんど活躍していない。どうしたんだろう。そしてFBI役のアンディ・ガルシア。歳を取ったなあ。貫録が出てきて、こういう役になるか。

 製作・脚本・監督:ガイ・リッチー。「シャーロック・ホームズ シャドウゲーム」(Sherlock Holmes: A Game of Shadows・2011・米/英)以降、パッとしない感じで…… 本作の前に「ジェントルメン」(The Gentlemen・2019・英/米)公開されてるのだが、新型コロナまっただ中の5月に公開され、見ることができなかった。本作は、原点回帰と言うか、初期作品の雰囲気が復活した感じ。

 銃は、M4、グロック、ミニ・ウージー、MP7、SPAS 12、P226/228、G36、ベレッタ92など。ドット・サイトはACOGとEOTech。一面に空薬莢が落ちているカットが印象的だった。

 公開10日目の初回、品川の劇場は全席指定で、2日前にネットで確保。当日は10分ほど前に開場。観客層は中年がメイン。1組だけ小学生くらいの男の子と父というペアがいたが、G指定とは言いながらこんなにバイオレンス満載で残酷なシーンもある(これでなぜG指定?)のに、見せていいのかと。最終的には117席フルに30人くらいの入り。女性は5人くらい。まあハードなアクションだからなあ。ここはファミリー劇場という感じなので、入りはいまひとつ。もっと入っても良いと思うけど。

 10分くらい前に開場。スクリーンはビスタで開いており、明るいままよく見えないCM・予告がスタート。マスクやマナーの注意があって、ようやく半暗になり、予告が続いて、上下マスクの映画泥棒から暗くなって、映倫と来て、本編へ。


前へ一覧へ次へ